青汁のデザートアレンジあれこれ

味が苦いことがほとんどの方の第一印象であり、それに対して苦手意識を持つ人も少なくない青汁。
意外なことに、その青汁をデザートとしてアレンジすることができるのです。
元々おいしいデザートがまずくなると思われがちですが、青汁の味が特に苦手だという方であれば、おいしく摂取することができます。
今回は、青汁のデザートアレンジについてご紹介します。

簡単なところでいえば、「デザートにそのままかけてしまう」という方法があります。
プリンやヨーグルト、アイス、ゼリーなど、どこにでもあるようなものにかけて、一緒に食べるだけです。
粉末タイプの青汁が出回っている割合としてほとんどなのでこれを前提としますが、一杯あたりの粉末でデザート一つを食べると良いでしょう。
注意点としては、最初から粉末をすべてかけてしまわないことです。
というのも、まとめて入れてしまえば均等に摂取できず、かえって苦みなどが増してしまうからです。
なので、少しずつ食べながら一緒にかけていって摂取するのが、無理のない食べ方です。

また、他の方法としては「自分で作るタイプのデザートの材料として用いる」というものもあります。
最も代表的かつ手軽なものでいえば、パンケーキがあります。
パンケーキといえば、パンケーキの粉末に牛乳を入れて液状にして焼くのが手順ですが、液状にする前に青汁の粉末も一緒に混ぜてから牛乳を入れるという方法が、青汁入りのパンケーキ作りの手順となります。
メリットとしては、本来のパンケーキの作り方とほとんど変わらないわけなので、まったく難しくなく手軽ということです。
また、事前に青汁を混ぜてから焼くのでまんべんなく均等に青汁の濃さが分散されるので、苦みに悩まされることは少ないです。
むしろ、パンケーキの甘味により苦みを薄くすることができるので、大きなメリットになります。
人一倍苦みが苦手だという方は、メープルシロップを多めに使用することで、より苦みを軽減することができます。

青汁入りのデザートは、出来上がると緑っぽくなるので見た目が変わってはしまいますが、本来の効能が無くなってしまうということはほとんどありません。
青汁を取り入れたいけれど飲むのは苦手だという方は、こうしてデザートとして食事に取り入れてしまうのが良いかもしれません。
ただ、デザートなのでカロリーが高くなりがちで、毎食取り入れると肥満の原因になってしまうので注意しておきましょう。