手軽で飲みやすいサプリメントタイプの青汁

青汁は割合や普及の度合いから見て、順に粉末タイプ、冷凍タイプ、ゼリータイプ、その他のタイプといった形態があります。
しかし、意外にも飲みやすいサプリメントタイプもあります。
今回は、サプリメントタイプの青汁についてご紹介します。

サプリメントタイプの青汁は、最も大きな特徴は「飲みやすさ」でしょう。
これまでにも、青汁には先述のようなさまざまな形態のものが発売されてきました。

しかし、それらに共通していたのは「味を感じること」。
栄養を摂りたくて青汁を飲んでいる方ものの、苦い味がどうしても苦手だという方も少なくないことでしょう。
粉末タイプや冷凍はタイプは当然苦い、なのでゼリータイプも試したけれどやはり苦い。
でも青汁は摂取したい。
一体どうすればいいのか。
なんていうように、とことん青汁の苦みが苦手な方への救世主的な存在になるのが、このサプリメントタイプです。

病院から処方された薬はもちろん、市販の薬やサプリメントなど、誰もが一度は飲んだことがあると思います。
それらは基本的に味などしないはずです。
そもそも飲み物で流し込むため咀嚼せず、味を感じる余地はありませんよね。
それと同じです。
サプリメントタイプの青汁も薬と同じように錠剤タイプになっており、水やお茶などの飲み物と一緒に飲むため、苦みを感じることはほとんどありません。
当然ほかの形態の青汁と効果は同じなので、苦みを感じずに摂取できるということから、苦みが苦手な方にはこの上なくおすすめといえます。

このように苦みが苦手な方に特におすすめといいましたが、錠剤タイプであることから一回当たりの摂取量がほぼ完全に同じ量になるため、適量を安定して摂るという面ではトップレベルで優れています。
マイナーに見えるサプリメントタイプの青汁ですが、実際にはいろいろな種類のサプリメントが販売されています。
しかも特徴もそれぞれあって、一般的な青汁にはあまり含まれておらず、食物繊維が豊富な「クロレラ」が含まれていたり、ゴーヤや抹茶が含まれていたりなどと、まさに千差万別です。

価格としては、粉末タイプの青汁よりもわずかに安い、もしくはほぼ同じなのが一般的です。
そのため価格の違いだけで粉末タイプからサプリメント、その逆も然りですが、移行していく人はあまり多くありません。
逆に言えば、サプリメントタイプに移行する場合は金銭面での変化が少ないといえるわけですから、移行しやすいわけです。