もう青汁はまずくない!おいしい青汁

青汁は古くから存在し、健康を得られる飲み物として広く知られてきました。
ただ、同時に知られているのが、「苦み」によるまずいという味の印象です。
おそらく、飲んだことの無い方でもそのことを知っている人は多いことでしょう。
しかし最近では、美味しくジュースのように飲むことのできる青汁が数多く出てきています。
今回は、そんなおいしい青汁をご紹介します。

おいしい青汁としてまず挙げられるのは、「フルーツ風味」の青汁でしょう。
当然従来の青汁同様に色々な野菜が含まれていますが、一緒にリンゴやバナナをはじめとするたくさんのフルーツも含まれています。
これによって苦みが少なく抑えられ、フルーツ風味ですっきりと飲みやすいものになっています。

次に有名なのが、抹茶風味の青汁です。
かの有名な飲料メーカーが発売している有名なものもあり、味にこだわったタイプの青汁ではこの抹茶風味が比較的多いです。
これはただ抹茶の味がするだけではなく、実際の抹茶をブレンドして作っている製品が多いので、実際に抹茶を飲んでいるに近い味わいになっています。

実際の抹茶風味に限りなく近いので、和菓子はもちろんお茶菓子などにとても合いやすくなっています。
そのため普通にその青汁単体で飲むのも良し、おやつタイムに飲むのも良しと、抹茶風味の青汁は味を楽しむ形式で幅広い場で摂取できます。
通販でも抹茶風味を売りにしている青汁が多く、何かしらの風味の青汁といえば抹茶が最もメジャーといえます。

また、○○風味といった青汁以外の味に頼るタイプでなくとも、おいしい青汁はあります。
特徴としては青汁独自の苦みをできるだけ抑え、すっきりさわやかな味わいになっています。
青汁の苦みは苦手だけれど、フルーツ風味や青汁風味などの別な味がするものがあまり好きではない方には、このタイプがおすすめです。

また、珍しいことにポエットボトルや缶に入った青汁も一部ではあります。
特徴は青汁のクセや苦みを少なくしているため、普通のお茶やジュースのようにゴクゴクと飲みやすくなっています。
ただ、同じ量のお茶やジュース、他の青汁よりも高くなっているので、継続して飲み続けるには経済的負担が大きくなってしまいます。
「たまに贅沢をしようかな」という感覚で一時的に購入、摂取するのが良いでしょう。

このように様々な種類がありますが、共通している従来よりもおいしい青汁の特徴は、「通販での購入が一般的」「従来の青汁よりも高め」ということです。
割引の利用や1ヶ月おきでのい購入をするなどといった工夫するといいかもしれません。